出会い系サイトを利用する目的


出会い系サイトを利用すれば、基本的に誰だってどのような出会いでも実現できてしまう可能性がありますが、そんな中でも私はセフレとの出会いしか求めていません。そういう考え方っておかしいのでしょうか?

私は個人的に、それほどおかしいことだとは思っていません。だいたい、誰かにおかしいといわれたからといって、それで出会い系サイトを利用する目的を変えるということもないだろうと思うのです。

私だって、出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃から、セフレとの出会いだけを目指してきたというわけではありません。
そもそも、私が出会い系サイトを利用し始めたきっかけというのが、こういうサイトを利用すれば誰だって簡単に恋人探しができるのではないかと思ったからです。

確かに、出会い系サイトを利用するだけだったら誰にとっても割と簡単ですし、一般的によく知られている優良な出会い系サイトを利用して恋人探しがしたいと考える人は大勢います。
別に出会い系サイトを利用する目的は人それぞれですし、出会い系サイトを利用して恋人探しをすることが悪いことだとは思いません。
ただ私が長い間出会い系サイトを利用し続けてきて、つくづく思ったことは、出会い系サイトというのは実は、男女のまじめな出会いにはあまり向かないのではないかということです。
恋人を探しているつもりで出会い系サイトに登録していても、結局のところ、知り合うことができたのはセフレ候補の女性であるという話は、おそらく多くの人にとって良くあてはまるものだと思います。

私は正直、出会い系サイトを利用しているとたくさんの出会いを実現できるチャンスはあるけれども、それでも恋人探しには向いていないサイトだなというふうに感じたのです。
恋人とセフレは明確に違うものであるというのが私の考えですが、こいびとというのは言ってみれば結婚を前提にしてお付き合いができるパートナーのことですよ。

結婚を前提に考えるのであれば、当然のことながら相手のことは慎重に選びたいですよね。
自分の一生を左右するパートナーといっても過言ではないのです。
誰だって少しくらいは高望みをします。
でも結局のところ、どんな人がいるのかわからない出会い系サイトという環境で出会いを求める場合、相手の顔がわからないなどの要因もあって、あまりじっくりと相手を選ぶことが難しいというか、ただメールのやり取りをしているだけの状態では相手のすべてがどうしてもわからないので、伊佐会って話してみると、メールのやり取りをしているときとは全然雰囲気の違う人だったとか、あるいは新しい欠点が見つかったから結婚相手としてはお付き合いしたくないとか、いろいろな問題があるものなのです。

そういうことを考え始めると本当に面倒なので、私は出会い系サイトを利用して恋人探しをするということ自体をやめました。
とにかく欲求不満を解消できるためのパートナーが見つかればそれでいいやというふうに考え方を変えたのです。
考え方を変えたことで、女性とお付き合いしてみるということ自体が随分と気軽なものになったような気がします。
気軽なものになったといっても、決して相手の女性の気持ちを考えないとかそういうわけではありません。

ただ、セフレと恋人というのは、やっぱりぜんぜん重みが違うものなのです。
重みが違うというのはもちろん、男女ともにいえることです。
結婚を前提にして誰かとお付き合いを始めると、もうそれ以降は「新しく誰かとの出会いを求める」ということができなくなると思います。
誰か一人のパートナーしか見てはいけないというのは、人間としてごく当たり前のことかもしれませんが、そのことがすごく重荷に感じてしまう人もいるでしょう。

誤解を恐れずに言えば、男女ともに誰だって「自由気ままな恋愛を楽しみたい」と思う時期はあります。
その「自由気ままな恋愛」を楽しみながら、相手の気持ちを考えるとか、その日かにもいろいろと人間として大事なことを学んでいくものなのです。

まあ私の場合は、何か人として大事なことを勉強しようと思ってセフレを募集しているわけではありません。
けれども、繰り返しますがセフレとの出会いを求めているからといって、相手の女性の気持ちを軽く考えているわけではありません。
お付き合いをさせていただく以上は、相手がどんな関係の人だからというのは関係なく、大事に接します。
ただ、結婚相手のように、相手に対して責任を背負わなくていい分だけ、やっぱりセフレのほうがお付き合いする相手としては気楽だと、私は個人的に思ってしまいますね。

例えば、誰かと結婚を前提にお付き合いするとしますよね。
結婚を前提にお付き合いしている相手とデートするときは、そりゃあもちろん気を遣います。
私は結局出会い系サイトを利用した恋人探しを成功させることはできなかったのですが、それでも一応、女性との真剣な交際というものを経験したことはあるので、女性に対して気を遣わなければならないというのがどういうことかというのは分かっているつもりです。

結婚を前提にお付き合いを考える場合、相手に対して気を遣わなければならないのは、デートしているときだけではありません。
一緒に生活をするようになると、常に二人が顔を合わせる時間は増えるわけですから、その分、気を遣わなければならない時間も増えるでしょう。
こういう気づかいにつかれてしまうという人も結構いるようです、私自身、結婚というものを経験したことがないので、あまり偉そうなことを言うわけにはいかないのかもしれませんが、それでもやっぱり疲れるだろうなということは想像できます。

セフレが相手のお付き合いだったら、気を遣うのはメールのやり取りや電話のやり取りをしているときと、デートをしている時だけです。
常にお互いの生活に干渉しあっているわけではありません。
というか、相手の生活に干渉しすぎないことが、セフレとしてのお付き合いをするうえでのルールなのです。
私にはそういうドライな男女関係が一番気楽で、一番合っているように思われるのです。

ユーザーの疑問を即解決!【カカオトーク 電話番号】